乾燥肌や敏感肌の人は大人にきびができ易い

美容

口のまわりやあご、フェイスラインに何度もできてしまう嫌な大人にきびに思い悩んでいる人はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。
大人にきびは、良くなるのがゆっくりで跡が残り易いといった感じがあります。

思春期にきびだと、成長ホルモンの作用が原因の皮脂の過度な分泌でアクネ菌が増えるといったこれだという原因があるけど、大人にきびではいくつものきっかけが難しく重なり合って原因としてなると考えます。
大きな原因としては、食事の内容が崩れてお肌を健康的にキープするための栄養成分が足りなかったり、摩擦だったり空気汚染や強い紫外線といった外部からのダメージ、疲れやストレスや自律神経の不調やホルモンバランスの崩れ等による内部からのダメージ、睡眠が足りないことや体力作りが足りない状況や乱れた生活サイクルや喫煙などの日常スタイル、十分ではない洗顔やモイスチャー対策ケアが足りないことなどが挙げられます。
乾燥肌や敏感なお肌の人は、大人にきびができ易くなってしまいます。
乾いているという事は、角質のバリアー機能が悪くなっていると考えられます。

角質のバリアー機能がダウンすると新陳代謝が不活発になり、肌細胞の再生がリズム良くできなくなります。
お肌が乾いてくる原因に、コラーゲンの減少があります。
コラーゲンはお肌のうるおいをキープするのにどうしても必要な成分となりますが、加齢現象と共にダウンしていくというわけです。
コラーゲンが減る理由は加齢現象に加えて、刺激も大きくあります。
強い紫外線といった外的な刺激や内面的なストレスを感ずると、そのことがダメージとされてコラーゲンは破損されるのです。
これがお肌の乾きに係わり、その結果バリアー機能の弱まりが生じます。
バリアー機能がダウンして新陳代謝や肌細胞の回復が上手くいかないと、大人にきびができ易くなってしまいます。

思春期にきびであれば皮脂の過度分泌が原因となるのですが、大人にきびだと乾きがきっかけとなるという事をおさえておいてください。
保湿ケアは大人にきび解決策にあたってはずせません。
オーガニックタイプのお化粧品を用いたりUV対策というものをきっちりと行って刺激を受けないよう努めること、健康でちゃんとした生活スタイルで過ごすことや、コラーゲンの不足をフォローして保湿のお手入れをしっかりと実践し角質のバリアー機能を強める事が、大人にきびの改善への効果的な方法というわけです。

タイトルとURLをコピーしました